アドレスV125S用アイネットのステンレスマフラーのインプレ

この記事は2分で読めます

アドレスV125Sに乗り換え
一般的には慣らしも終わらぬ
700km
の走行時点でノーマルから
社外マフラーに交換しました。

ちなみに僕はあまり神経質に
慣らし運転はしません。

だいたい500km位からアクセル開度を
大きくして、600kmを過ぎれば全開、
700km位でオイルとフィルタ交換

それで慣らし完了といった感じです。

アドレスV125はノーマルマフラー最強
言われている車種。

個人的にはノーマルで良かったのですが
交換した理由は、タイヤ交換毎にメットインを外すのが面倒だったからです。

アドレスV125系の関連記事はコチラ↓
・アドレスV125G/Sのオイルとフィルター交換手順やコツを動画で簡単解説!
・アドレスV125のエアフィルターを清掃&交換しよう!動画で解説!
・アドレスV125の冬場の燃費が悪い?簡単に改善する方法を紹介!
・アドレスV125Sは125Gより遅い!乗り換え後の感想は?【徹底比較】
・アドレスV125Sリミテッドのメットインの外し方や注意点をチェック!
・アドレスV125Sリミテッドのマフラー交換!O2センサーの外し方は?
・アドレスV125S駆動系セッティング【ウエイトローラー交換で加速UP】
・アドレスV125のウエイトローラー交換方法を動画で解説!
・アドレスV125のブレーキパッド交換方法とコツを動画で解説!

まあ、せっかく交換したのだから
駆動系のセッティングも含めて
楽しもうと思います。

今回は交換した社外マフラー
アイネットの『オリジナルステンレスマフラー』
インプレッションをしたいと思います。

スポンサードリンク

アドレスV125Sのアイネット・オリジナルステンレスマフラーの音量は?

音量ですが、もちろんノーマルよりも
大きくなりますが、アイドリング時は
結構静かです。

ただ、走行しだすと
そこそこの音量になります。

しかし夜間の住宅街でもそれほど
神経質になるようなものではありません

風防をつけている方は分かると思いますが
風の巻き込み音が結構うるさいんです。

60㎞/h走行時にマフラーの排気音よりも
風の巻き込み音の方が
勝っているくらいの音量
です。

個人的な感想ですが、2000年くらいまでの
4ストシングル250はノーマルマフラー
この位の音量だったような気がします。

とりあえず、アイドリング時の音と
とアクセルを開けた時の音をYouTubeに
アップしたのでチェックしてみてください。

メットを被って運転している時の方が
音がこもってうるさく聞こえます。

メットを被らず、バイクを停めて
アクセル開閉している時の方が
よほど静かに聞こえますね。

アイネット・オリジナルステンレスマフラーの走行インプレ

さて、この爆安マフラーの走行時の
インプレッションに行きましょう。

数値でデータを取っていないので
超当てにならない体感インプレですので
ご了承ください。

ちなみにウェイトローラーは
ノーマルの19グラムで
マフラー以外は完全ノーマル仕様です。

低速域でのトルクの落ち込みはそれほどない

0~40km/hの加速はノーマルと同等程度

排気音によるプラセボ効果
オリジナルステンレスマフラーが
良いような気もしますが
微妙なところですね。

中速域ではモッサリ感がノーマルより強い

40~60km/hのモッサリ感は間違いなく
ノーマルの方がマシですね。

ノーマルマフラーの時よりも無意識に
アクセルを大きく開けていたのが
自分でもわかりましたね。

上り坂でこの速度域からの再加速とかは
最悪に遅く感じられました。

エンジンが回りだすと元気になる

70km/h~の追い越し加速時などは
ノーマルよりも元気な感じがしました。

全開での最高速は実用的ではないし
興味ないので計測していません。

悪しからずご了承ください。

まあ、コスパ的には非常に
優れたマフラー
だと思います。

とりあえず、ウェイトローラー交換を
行い、駆動系のセッティングをする予定です。

ウェイトローラー交換の記事も
後々アップしますので
再チェックよろしくお願いします!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. バックドアテント 自作
  2. アドレスV125 オイル交換
  3. アドレスV125 ウエイトローラー 交換
  4. エブリィバン 自作バックドアテント
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【ドクターX】キャスト&あらすじまとめ!

小林尊VSハムスター!

【若者たち】豪華キャスト&あらすじまとめ!

犬に噛まれた少年を飼い猫が体当たりで救出!