エブリィにバックドアテント&タープを自作してみた【作業前半】

この記事は2分で読めます

こんにちは、りんたです。

先日、スズキのエブリィ用にバックドア
テント&タープキットを自作
するという
記事をアップしました。

前回は構想から素材決定、図面作成までの
内容をまとめたので、今回はその続きの
作業内容を紹介したいと思います。

前回の内容は下記関連からみれますので
まだ見ていない人はのぞいてみてください。

関連記事はコチラ↓
・エブリィにバックドアテント&タープを自作!【構想&図面編】

スポンサードリンク

エブリィ用自作バックドアテント【作業編】

デカくて重いシートを目の当たりにして
ちょっと弱気になったのは事実ですが
少し考えているうちに簡単に設営できる
アイデア
が浮かんできました。

まずバックドアに被せる部分のシートに
2か所ハトメで穴を作ります

そして車のバックドアガラスに吸盤式の
フックを2個貼り付けて作成したハトメに
引っ掛けます。

バックドアテント 自作 フック 設営
エブリィ用 自作 バックドアテント

画像のように3方のカーテンは
ロールアップした状態で引っかけまず。

なので実質、バックドアサイズの
シートを引っ掛けるだけ
で仮設営が
完了するという段取りです。

その状態でバックドアを開いて
ロールアップした3方のカーテン部分を
降ろせばよいだけです。

エブリィ バックドアテント タープ 自作

それではエブリィのバックドアテント
作成の作業内容を記していきますね。

図面通りにシートをカット

まずは図面に沿ってシートをカットします。

僕は6畳の部屋で作業しましたがシートを
完全に広げることができなかったので
カット作業に必要な個所を広げ、残りの
部分はくしゃくしゃっと端に寄せての
作業となりました。

バックドアテント 自作 シート

注意点としては一本のラインを引く時でも
シートの端から複数のポイントを計測して
そこに点か短いラインを入れておきます。

それらの点(ライン)に沿って線を書くと
斜めにならずまっすぐしたラインが書けますよ!

書き入れたラインに沿ってシートをカットします。

バックドアテント タープ 自作 作業内容

僕は普通のはさみでチョキチョキカットしました。

必要な個所にハトメをつける

図面の段階でわかっている場所にハトメを
つけていきます。

バックドアにシートを引っ掛けるための
ハトメだけでもつけておきたいですね。

ハトメは12㎜のものを使いました。

ものはダイソーで購入可能です。

ハトメ 工具

穴をあけるのに13㎜のポンチがあれば
簡単なのですが、僕は手元になかったので
外径13㎜の磁石の淵をペンでなぞって
その線をカッターでカットしました。

もしくはハトメ自体の内径に沿ってペンで
なぞり(12㎜の穴になりますが問題なし)
その線をカットしてもOKです。

ハトメ つけ方
ハトメ ポンチなし 穴
ハトメ カシメ方
バックドアテント ハトメ

とりあえずここまでの作業ができたら
一度、車にシートを合わせてみます。

その後に必要な微調整を行います。

ここまでの作業は1時間もあれば
余裕でできますよ~。

続きはコチラ!
エブリィにバックドアテント&タープを自作してみた【作業後半】

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アドレスV125 エアフィルター 交換
  2. アドレスV125S
  3. アドレスV125
  4. アドレスV125 オイル交換
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【ドクターX】キャスト&あらすじまとめ!

小林尊VSハムスター!

【若者たち】豪華キャスト&あらすじまとめ!

犬に噛まれた少年を飼い猫が体当たりで救出!