エブリィにバックドアテント&タープを自作!【構想&図面編】

この記事は2分で読めます

こんにちは、りんたです。

現在、僕はスズキのエブリィバンを
子どもとのアウトドア遊びにフル活用
しています。

先日、車中泊で海に出かけたのですが
あいにくのでちょっと不便したことが
ありました。

それはバックドアを開いて屋根代わりに
着替えをする場合、雨風があると車内に
雨が吹き込んでくる
という事です…。

車内には布団も敷いているので
できるだけ濡らしたくはないですよね。

実はこの車を購入する時、スズキ純正の
アクセサリーで『カーテンタープキット』
というものを買おうか悩んでいたんです。

↓こんなやつですね。
エブリィ カーテンタープキット

結局、車両購入時にはこのアクセサリーは
諦めたんですが、雨天での不便さを経験して
やっぱ買っときゃ良かったと思いました。

車両購入時のオプションとして3万出すのは
なんとなく気にならないのですが、今更
単品で3万というのは何か抵抗が…(笑)

じゃあ、自作しちゃえ!ということで
バックドアテントを作ることにしました。

スポンサードリンク

エブリィ用バックドアテント自作【構想】

まず『どういう形にするか?』という点で
2つの案がありました。

1つ目はバックドア自体を屋根代わりにし
3つのカーテンをバックドアからぶら下げる
というもの。

2つ目は開いたバックドアに一体モノの
カーテン&タープをごっそりと被せる
というもの。

1つ目の案は作成が手軽でコンパクトに
収納できる
というのが利点ですが
設営が面倒なのがいやだったので却下。

純正アクセサリーのような一体モノ
行くことに決めました。


スポンサードリンク

エブリィ用バックドアテント自作【図面】

では早速、図面をつくろうということで
車両の寸法を大まかに計測しました。

ざっくりと計ってみるとこんな感じでした↓

スズキ エブリィ バックドアテント 自作

このサイズだと、最低でも
5,110㎜×3,050㎜という大きさのシートが
必要になってきます。

モノの素材は最初からブルーシートの類
使おうと思っていました。

でもブルーシートだといかにも安っぽい
って感じなのでブラックシートをネットで検索。

するとシルバー/ブラックシートという
表面シルバー裏面ブラックのシートで
サイズが5240㎜×3470㎜というものを発見。

すぐにポチッと購入しました。

できるだけシートを切らずに使いたいので
車両のサイズをもう一度測り直して
最小限のカットで作成できるように
図面を書いてみました。

エブリィ 自作 バックドアテント 図面

垂れ下がる3方のカーテン部分の裾には
突っ張り棒を入れるので大体20㎝位は
折り曲げるだろうと想定。

また後ろ正面のカーテン部分は少し幅を
広く持たせ、サイドカーテンと重ね

雨風の侵入をシャットアウトしようと
目論みました。

『おっ!バッチリやん!』

という訳でワクワクしながらシートの
到着を待っていました。

翌日に無事、シルバー/ブラックシートを
受け取ったのですが、でかい!

想像以上にでかい!そして重い!

このデカさのバックドアテントを作っても
果たしてバックドアに被せれるのか?

やっぱ3つのカーテン形式にした方が
良かったかも…
と弱気になるおっさんでした。

エブリィにバックドアテント&タープを自作してみた【作業前半】に続く…

【作業後編】はコチラ!

エブリィにバックドアテント&タープを自作してみた【作業後半】

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アドレスV125S マフラー アイネット
  2. アドレスV125S メットイン
  3. リアゲートタープ 自作 エブリィ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【ドクターX】キャスト&あらすじまとめ!

小林尊VSハムスター!

【若者たち】豪華キャスト&あらすじまとめ!

犬に噛まれた少年を飼い猫が体当たりで救出!